プロジェクトサポート(ハンズオン支援)

ハンズオン支援事例

case.2株式会社I&C2013年9月認定
センサー自動昇降機能を有する次世代洗面台・キッチンの開発

特注の家具やインテリアデザインの設計、開発を手掛けている株式会社I&Cは、センサーで利用者を感知し、高齢者や障がい者、子どもがストレスなく使いやすい高さに自動出昇降する洗面台やキッチンを開発し、様々な施設や住宅に廉価に提供することをめざし、プロジェクト認定に申請。

2013年9月に認定を受け、ハンズオン支援がスタート。

当事業が行ったハンズオン支援とは・・・

企業の状況(新規事業がはじまったばかり、2013年11月試作品が完成、高齢者施設での実証実験、展示会への出展)利用者の声から電動昇降洗面台を完成させ、2014年6月より受注開始。10月にはセンサー搭載型の試作品も完成!三重県、奈良県、兵庫県など新たに建設される介護施設への導入約200台を受注。(2015年3月現在)

さらなる飛躍をめざして・・・

洗面台イメージ

海外への展開に向けて、福祉先進国デンマーク大使館担当者が洗面台を視察。製品のヨーロッパ展開の可能性を模索中。
また、シンガポールで開催された家具の見本市に出展し、テストマーケティングを実施し、市場への手ごたえと課題を得て、さらなる商品のブラッシュアップと改良を続けている。

企業の声

株式会社I&C 代表取締役 佐田幸夫氏

株式会社I&C
代表取締役 佐田幸夫氏

手さぐり状態から始めたプロジェクトですが、電動昇降洗面台としてようやく形になり、2014年6月より受注を開始することができました。
プロジェクトの進捗状況に合わせて、コーディネータが様々なアドバイスや提案をしてくれたり、最適なタイミングで専門家との面談ができたりして、時間的にもコスト的にも無駄なく開発がすすめられました。
開発だけではなく、各種申請など様々な場面でトータルサポートしてもらい、どんどん前に進んでいます。

ハンズオン支援事例

TOPに戻る