認定プロジェクト紹介

医療分野

おおさかトップランナーロゴ

訪日外国人をサポートする
医療分野の新サービス始動!

PROJECT
医療機関における外国人患者向け電話通訳サービス
COMPANY
株式会社ドリームキャッチャー

電話による医療通訳

急な病気や怪我等で医療機関を受診する訪日外国人に向けた、電話による医療通訳サービスを2016年4月より開始する予定です。訪日客が多い中国語、韓国語、英語の三ヶ国語で24時間のサービス提供をめざしています。

政府は訪日外国人の目標を2020年に2,000万人と掲げていますが、外国人患者受入病院は足りておらず、医療通訳者は、ボランティアまたは低報酬で業務を行っているのが現状です。そこで同社は、医療通訳サービスを近隣性を求めない電話(コールセンター)に集約化し、一定の品質で且つ安価なサービス提供と、医療通訳者の雇用・育成を同時に実現させます。

サービス開始時点では、外国人受け入れを検討している病院はもちろんのこと、外国人を顧客とする旅行会社、保険会社、不動産管理会社など事業会社との提携により、訪日外国人個人との契約を進めていきます。

私がサポートします!

コーディネータ 荻野 賢一

東京オリンピック開催が決定し、訪日外国人数が右肩上がりの昨今。
日本では、様々な場面で「おもてなし」ホスピタリティあふれるサービスを展開していますが、病気や怪我などの急なアクシデントの際にも、安心して利用できるようなサービスはまだまだ未確立のニッチ市場。同社はココに注目し、コールセンターによる医療通訳サービス(医療提供者と訪日外国人患者とのコミュニケーション)を開始すべく、準備に取り組んでいます。
異文化・多言語対応、受け入れ医療機関拡充など、様々な課題が山積していますが、医療通訳のトップランナーとなるべくサポートをしていきます。

コーディネータ 荻野 賢一

セールスポイント

  • 当通訳サービスは経済産業省より適法なスキームであると正式に公表されている。
  • 外国人(旅行者、入居者、宿泊者、来店者、利用者、従業員、会員、生徒等)の医療機関受診を医療通訳者が電話でサポート。

希望するマッチング&パートナー例

  • 医療機関(サービスを推進するための協力機関としてでも可)
  • 訪日外国人との接点を持つ事業会社
    (旅行会社、保険会社、不動産管理会社、宿泊施設 等)

企業DATA

医療・介護分野有資格者の定着・復職・就職支援事業、コールセンター事業、アウトソーシング事業

株式会社ドリームキャッチャー
◯〒541-0042 大阪市中央区今橋4-3-22 淀屋橋山本ビル6階
◯代表取締役社長 大倉 輝久 ◯設立:2014年7月 ◯資本金:7000万円 ◯従業員数:22名
◯TEL:06-6282-7309 ○FAX:06-6282-7319