認定プロジェクト紹介

その他

おおさかトップランナーロゴ

サビ取り、塗替えを高速化!日本のインフラを守る施工技術

PROJECT
橋梁メンテナンスの新工法!レーザクリーニング事業
COMPANY
三郷金属工業株式会社

サビ取り、塗替えを高速化!日本のインフラを守る施工技術

地方公共団体管轄の橋梁で修繕が必要な橋梁は多くありますが、その修繕実施率は26%で※、およそ4分の3は修繕が必要な状態のまま利用されています。また、通行止め・通行規制が行われている橋梁は、全国で1380橋※です。施工業者から「依頼に対応しきれない」との声が多く出ており、従来工法のままでは作業が追いついていないのが現状です。
三郷金属工業が携わってきたレーザ技術はサビや塗装の「剥離」に生かすことができ、技術的にはすでに実用可能な段階になっています。施工業者、レーザメーカー、地元研究機関との協業で、橋梁修繕作業期間を従来工法の4倍(三郷金属工業調べ)以上高速化することにも成功しています。
古くなった橋梁修繕は、既存の工法にレーザ工法をプラスすることで、大幅なスピードアップを図れます。1日も早く日本の橋梁メンテナンスの修繕実施率を100%に近づけ、日本のインフラに対する国内外の信頼性を高めたいと考えています。

※2013年4月時点、国土交通省資料より。

セールスポイント

  • 既存工法である剥離液やブラスト工法のように大量の廃棄物を発生させないため、環境や人体への負荷を最小限に抑えられます。
  • 狭隘部にも使えるのでサンダー(電動工具)で剥がすしかなかったところにも適用可能です。

希望するマッチング&パートナー例

  • 投資会社、ベンチャーキャピタル
  • 橋梁メンテナンスを国・地方公共団体から直接受託する1次受けのコンストラクター

企業DATA

薄板レーザ溶接・抵抗溶接事業、化粧品梱包事業、レーザクリーニング事業

三郷金属工業株式会社
◯大阪府守口市寺方本通2-13-17
◯代表取締役社長 児島 貴仁
○設立:1952年1月 ○資本金:2,600万円 ○従業員数:60名
◯TEL:06-6992-3334 ◯FAX:06-6992-3336