認定プロジェクト紹介

  • HOME > 
  • 認定プロジェクト紹介 > 
  • 生活習慣病患者・メタボ対策などと未病対策の為の冷凍弁当販売事業(インクロムプラス株式会社)
健康分野

おおさかトップランナーロゴ

今日の“食”があしたをつくる

PROJECT
生活習慣病患者・メタボ対策などと未病対策の為の冷凍弁当販売事業
COMPANY
インクロムプラス株式会社

2013年に、旬の素材を使い、塩分やカロリーを抑えたスープや惣菜、スイーツを提供する『+medi(プラスメディ)』ブランドを立ち上げました。
1年余りで関西の百貨店を中心に8店舗を展開し、2015年には東京・名古屋にも順次出店する予定です。糖尿病や高血圧などの生活習慣病やその予備軍を対象にした冷凍弁当の開発・販売をしており、全店舗に常駐している管理栄養士が、食に関しての相談やアドバイスも行っています。
現在は、百貨店やオンラインショップでの販売がメインですが、今後は大手スーパーや宅配などでの提供も計画中。また、透析患者やがん患者など食事制限の必要な疾病の方や在宅介護の高齢者に向けた冷凍弁当、宅食事業なども展開予定です。
さらに、健康食販売で築いたブランド力を活用して、健康管理事業も視野に入れており、カフェ併設の簡易検診事業や、管理栄養士が個別に栄養指導する「かかりつけ管理栄養士」事業などの構想もあります。

各店舗に管理栄養士が常駐

糖尿病だけど、どのお弁当、スイーツがおすすめですか?腎臓病なので、タンパク質の低いものを・・・高血圧だから塩分の少ないものを・・・と店舗では、様々な相談が寄せられます。管理栄養士の坂本さんは、お客さんの食事制限のレベルや嗜好、生活環境などを聞き、一人一人と会話をしながら一緒に商品を選ぶよう心掛けていると言います。「お客様には食事の幅が広がる」ととても喜んでもらえていると実感しているそうです。

セールスポイント

  • 社員の健康管理やメタボ対策の一環、福利厚生として活用できる

希望するマッチング&パートナー例

  • 冷凍弁当・サプリスープなどの冷凍商材と健康的なお菓子類をオフィスにて販売したい企業
  • 冷凍庫・電子レンジなどに加えて体重計・血圧計などをセットで事務所の片隅に設置し、メインの食事として、または小腹が空いた時などに購入できるシステムを試験的に導入したい企業

企業担当者の声

管理栄養士を中核にした幅広い事業展開を行っています。ハンズオン支援を受ける事によって更に業務の幅を広げ、スピードアップしたいと考えています。

企業DATA

飲食業

インクロムプラス株式会社
◯大阪市西淀川区御幣島1-6-7 ◯代表取締役 金田仁二郎
○設立:2012年12月 ◯資本金:4000万円 ◯従業員数:76名
◯TEL:06-6471-3221 ◯FAX:06-6471-3229