プロジェクトの評価・認定について

  • HOME > 
  • プロジェクトの評価・認定について

2020年度の募集は終了しました。

概要

新たな需要を創出するプロジェクトを募集!
プロジェクトステージや課題に合わせて、サポートメニューを総合的にコーディネート!

本事業では、医療・介護・健康分野等において、新たな需要の創出が期待できるプロジェクトを大阪市が認定。認定プロジェクトには、コーディネータが担当につき、それぞれの課題や状況に応じて、オーダーメイド型の継続的サポート(ハンズオン支援)を実施します。

コーディネータは、「良き理解者」であり、「良きパートナー」。
各社の希望をお聞きして最適なサポートプランを作成するだけではなく、客観的な立場から厳しい意見を言う事もあります。
時には引っ張り、時には背中を押し、そして時には伴走しながら、設定したゴールへ向かって総合的なバックアップを行います。
特に今年度は、「With/Afterコロナ」といわれるように、新型コロナウイルス感染症との共存が求められていることをふまえ、「新しい生活様式」の定着に寄与するプロジェクト(以下「コロナ対応プロジェクト」)についても広く支援し、大阪経済の活性化をめざします。

申請から認定、ハンズオン支援実施までの簡単な流れ

申請から認定、個別サポート実施までの簡単な流れ

*認定申請書作成前に、対象(申請対象事業、申請者)かどうかを必ずご確認下さい。

認定の特典

各プロジェクトの課題に応じて、担当コーディネータが最適なサポートメニューを総合的にコーディネートします。(40万円相当のサービス)

認定されたプロジェクトには関西みらい銀行からの助成金(50万円/社)が給付されます。

対象

申請者について

以下の【A】、【B】、【C】のいずれかに該当し、かつ【D】を満たすものとします。

  • 【A】
    大阪市内に本社または事業所を置く企業等
  • 【B】
    大阪府内(大阪市外)に本社または事業所を置く企業等
  • 【C】
    現在起業準備中で2021年3月31日までに大阪市内で起業する予定の個人
  • 【D】
    おおさかトップランナーClubに加入していること
  • ただし、NPO法人、社団法人、医療法人、士業法人、大阪府内に事業所等を置かない企業等 及び過去に本事業の認定を受けた企業等は、単独での申請者又は複数の企業等で申請する場合の代表企業となることはできません。
    (「1-2 複数企業等が共同で申請する場合」参照)
  • 申請者の役員、従業員及びこのプロジェクトを共同で実施する構成員が、暴力団員又は暴力 団密接関係者である場合や、暴力団の利益になる、又はなるおそれがある場合は申請できません。
  • 申請時において他の機関等(大阪市を含む)が実施する、本事業に類似した公的な個別支援(ハンズオン支援、アクセラレーション)事業に参加している場合は申請できません。
    例: OIHシードアクセラレーションプログラム(OSAP)
       大阪共創ビジネスプログラム(OCBP)
       IAGハンズオン支援プログラム       など
    なお、申請後から本事業の支援期間中において、他の支援事業等との重複が判明した場合は、その時点で審査の中止、又は本事業の支援を即時終了しますのでご注意ください。
    また、これらへの応募を予定しているときは、その旨を事務局にお申し出ください。

対象となるかどうかご不明な場合は、お問い合せ下さい。

申請対象プロジェクト

対象プロジェクトは、次の2点を満たすプロジェクトとします。

  • プロジェクトに新規性があり、売り上げの拡大が期待できるもの
  • 市場投入フェーズ(認定後半年以内に上市予定である)又は市場開拓フェーズにあるもの。

なお、支援の対象となる分野の指定はありませんが、次に掲げるテーマの例を参考にしてください。

<テーマの例>
医療、介護、健康、福祉、IoT、ビッグデータ、AI等の分野でのコロナ対応プロジェクト(テレワークや遠隔授業、操作の非接触化の推進につながる先進的なプロジェクト等)。
(テーマの例はあくまで参考です。これら以外の分野やコロナ対応プロジェクトでないものについても申請可能です。)

詳細は、募集要項をご確認下さい。

2020年度募集要項はこちら

申請から認定までの流れ

オンライン個別相談
(希望者のみ)

申請についての質問に、オンラインで個別にお答えします。
(1企業等あたり40分程度、要申込)

個別面談は必須ではありません。

作成された申請書の添削や具体的なアドバイスは行いません。

個別面談をご希望の方は、下記よりお申し込みください。

オンライン個別面談に申し込む

<相談方法>WEB会議システムを利用します。PC、スマートフォン、タブレット等から接続していただきます。
インターネット(固定回線・モバイル)環境が必要です。

エントリー

以下のページよりお申し込みください

【大阪トップランナー育成事業】
2020年度 プロジェクト認定 エントリー

事務局より自動返信メールが届き、以下のご案内が記載されています。

①認定申請書ダウンロードURL

②大阪トップランナー育成事業の事業概要説明動画のURL
 配信期間2020年6月22日(月)~7月31日(金)

③認定申請書の書き方セミナーのURL(日時限定配信)
・1回目:2020年6月30日(火)11:00~12:00
・2回目:2020年7月6日(月)16:00~17:00
・3回目:2020年7月15日(水)13:30~14:30
※認定申請書ダウンロードURL・事業説明動画のURL・書き方セミナーのURLはエントリーをされた方にのみ配布いたします。

申請

認定申請書提出期限

 2020年7月31日(金) 15:00 必着

エントリーした際の自動返信メールより、認定申請書をダウンロードし必要事項をご記入の上、ご提出ください。

1次審査

認定申請書を書類審査

2次審査

提出書類とヒアリングにより対面審査

必要に応じて専門家による技術評価、財務調査を実施

有識者審査会

外部有識者による審査

提出書類、企業プレゼンテーション及び質疑応答により審査

認定

大阪市より認定証交付

ハンズオン支援協定書締結

(注)状況によってはオンラインでの審査に変更されることがあります。

サポート開始※実施日時等については募集要項をご確認ください。

ハンズオン支援について

FAQ

評価認定について

認定されないと、支援は受けられないのですか?
受けられません。ハンズオン支援は認定されたプロジェクトが対象となります。
どのような点から評価するのですか?
経営者の本プロジェクトへの取り組み姿勢、事業の市場性、新規性、戦略性、実現可能性(実施体制、資金計画)、ハンズオン支援による事業拡大の可能性、社会への貢献度などについて評価を行います。
事業が認定されたことをHPやパンフレットでPRしても良いですか?
ぜひPRしてください。ただし、認定は企業ではなくプロジェクトに対するものですので、誤解を与えない表記をお願いします。詳細は別途ご相談下さい。
ハンズオン支援に必要な経費は無料ですか?
・認定プロジェクトの課題に応じたハンズオン支援(40万円相当のサービス)を無償で受けることができます。
一定額を超えた分は実費負担となります。
(担当コーディネータの人件費は全額負担します。ハンズオン支援にかかる費用には含みません。)

・大阪府内の大阪市外企業、みなし大企業は実費負担となります。
(担当コーディネータの人件費は全額負担します。)

・くわしくは募集要項の「3-3 費用の負担について」をご参照ください。